8月, 2014

居眠り対策のガムを購入するすることのススメ

仕事での運転、レジャーでの運転に限らず、運転する事には変わりはなく、常に同じ状況で運転するのは当たり前の事なのです。職業で運転しようと、個人的に運転しようと運転をするという行為自体には、全く同じ法律が適応される訳です。その為、保険も同じように対応されている訳です。そこで、過労や寝不足による居眠り運転を防ぐ事が重要に成るのです。十分に睡眠をとって、休憩も念頭に入れて計画したドライブも、長時間の運転をすれば、何故か眠気が襲ってくるのものなのです。同乗者との会話や、音楽でそれを回避する事も一つね解決策ですが、一人での運航の時にはガムなどを噛んだり、飴を舐めたりする事で、眠気や疲労感を取るという方法が有効になってきます。時に、メントール系のすっきりタイプや、ミント系の刺激タイプも有効と思います。錠剤の刺激の強いものもありますが、刺激だけで、口の筋肉を動かす事もないので、やはり、ガムのような口の中にある程度残っていて、口の運動を伴うものであればより効果が期待できるのではと考えます。安全運転を心掛け、十分な睡眠をとって、途中休憩は最長でも2時間を目途にとって、ドライブを楽しんでください。それでは、みなさん行ってらっしゃい。

ドライブプランを工夫して刺激を得ることのススメ

自動車を運転すると、目的地まで快適に移動できるだけではなく、走行そのものを楽しむことができて、便利かつ快適な乗り物であることが分かります。しかし気をつけたいのは、その便利さをいかに維持するかです。シートに座って操作するだけで、あれだけの巨体が自由自在に動くのですから、複雑なシステムを内包しています。その個々のシステムを理解しなければ運転することはできない、ということはなく、決められた手順で操作すれば運転できることに魅力があります。

とはいえその決められた手順も、時に遵守できなくなることも意外に多いのです。極端な例ながら、向精神薬や睡眠薬の服用者は、その影響が運転時に出ると危険であるため薬の説明書きには、車の運転をはじめとする危険作業には携わらないように、と注意を促しています。つまり車の運転は「危険でありうる」のです。

このような薬とは無縁の人でも、長時間の運転においては疲労などからくる眠気を感じることがあります。これが居眠り運転事故の原因になります。したがって健康であることは当然としても、気力が充実している時以外の運転は避けるべきなのです。そのため長時間の運転では、前日までの十分な睡眠だけではなく、途中で運転を休み、リフレッシュする必要があります。ガム・飲み物・飴なども有効ですので利用しましょう。そして疲れていないから大丈夫、ではなくてあらかじめのドライブプランによってどこでどれだけ休憩を取るか、もきちんと決めておくことです。運転技能がいかに優れていても、疲労によりその技能が半減してしまうこともあるのです。

体調管理と体力向上を!

自動車というものは便利である反面、人がコントロールするには物理的な大きな力を発生させますので、事故を起こした時には大災害になりうる凶器である側面もあります。そして自動車運転の熟達者といえども、常に体調や精神状態は一定ではあり得ず、万が一のことを想定して安全運転に勤めなくてはなりません。では安全運転に徹していれば事故はないのでしょうか。

必ずしもそうとは言えません。「もらい事故」という言葉もある通り、過失割合がゼロであっても事故の当事者になることがあります。例えば優先道路を走行中、見通しの悪いところから出てくる交差する道路があったとします。慎重な人であれば減速して通過するでしょう。しかし交通事情は性善説ばかりでは通用しません。こちらが優先道路を走行しているといっても、相手は一時停止をしてからそこに出てくるとは限りません。そのようなときはやはり有せん道路を走行している立場だとしても慎重になるべきなのです。しかしその慎重な判断を妨げるのが、疲労や体調不良なのです。

もしあなたがひどく疲労を感じているのなら、いかに大事な用事でも自動車の運転は避けるべきです。居眠り運転を引き起こす可能性があります。また病気の予後など体調管理不十分の場合も同様です。特に後者の場合は服薬の影響で反射神経が鈍ったり判断のミスを起こしがちです。充分に回復をみた後で体力向上をはかってから自動車運転を再開するようにしましょう。

充分な睡眠をとることのススメ

最近のレジャーや通勤、通学に自動車を利用する人が増えてきました。
遠方に旅行に行く際、交通費を安くするために自動車で高速道路の長距離移動を選択する人も存在します。
それだけ私たちの普段の生活の中で、自動車は重要なものになってきています。

自動車を運転することに慣れてくると、緊張感や危機感が薄れてきてしまいます。
特に毎日のように自動車を運転する人は、十分に睡眠をとらずに運転してしまう人も多いのではないでしょうか。

睡眠が不十分だと、運転中に居眠り運転をしてしまう可能性があります。
居眠りに限らず、コンディションが悪い状態で運転をすると、重大な事故を引き起こしてしまう可能性が高くなります。
その場合、自分だけでなく、同乗者や衝突した相手やその家族にまで被害が及んでしまいます。
最悪の場合、死亡してしまうこともあります。
怪我だけで済んだ場合も、その怪我が原因で、人生を狂わせてしまう人も存在します。

自動車を運転する人は、自分以外の人を傷つけることが容易にできてしまいます。
普段から時間に余裕をもって、自分をいたわりながら生活をするように心がけましょう。
そして自分の大切な人のことを考えながら、気を付けて運転するようにしましょう。

ドライブ前にできるこ居眠り防止法特集!

居眠り運転とは、断続的に居眠りを行いながらドライブを行うことです。
居眠りを行いながら運転を行うと、正常な集中力や判断力が衰えて事故を誘発しやすくなります。

居眠りを誘発する要因は、運転の疲れからくるものとその他の影響からくるものがあります。

運転の疲れからくるものとしては、運転者自身の体調の状態や、長時間運転を行う事で身体的な面や精神的な面による疲労などが原因で起こります。
これらの要因を除去するには、睡眠をとるなどして運転を行う前に体調を整えたり、一人で運転するのではなく適度に交代して、一定時間ごとに体を休める方法が有効です。
助手席にいる人と適度に会話を行うのも、眠気を除去するのに効果があります。

その他の影響としては、過労と飲酒や薬などの副作用や病気の影響などの要因があります。
運転中に眠くなる音楽などを聞いている場合も、居眠りを誘発しやすくなることがあります。

これらの要因による影響を避けるには、自分自身の体調や状況をよく把握して対策をとり、居眠りを誘発する要素を除去する必要があります。
特に病気による影響は、休憩や睡眠をとるだけでは改善されないので、専門の医師と相談して対処を行う必要があります。

オリジナル地図を作ることのススメ

楽しく安全なドライブのためには、前もってプランを立てることが大切です。まずは、目的をはっきりさせて、行きたい場所の優先順位をつけておきます。幾つかの観光ポイントをチェックし、最優先の場所を中心にしてプランを決めます。行きたいポイントがまとまったら、オリジナルの地図を作りましょう。まずは市販の道路マップを準備し、できればこれから行く場所の観光資料やマップも手に入れます。特に、これから行く土地の観光協会などが出しているマップや資料なら、観光地内やその周辺の駐車場の情報や、一方通行の案内などがあるのでとても便利です。それらを手に入れたら、地図に書き込んでいきます。優先順位を付けておいた観光ポイントの場所にカラーペンなどで印を付けましょう。予定コースにもマーキングをしておきます。それが終わったら、所要時間を計算します。1時間当たりの目安は高速道路なら約60〜70キロ、一般道なら20キロくらいで計算しましょう。実際にはもっと早く走れるかもしれませんが、休憩時間や小渋滞や信号待ちを入れればだいたいそのくらいになるようです。さらに、道路マップからは、渋滞を予測するために必要な情報も得られます。例えば主要観光地の高速道路のICはシーズンには大渋滞になることが予測されるので、その一つ手前のICで下りるなど前もって考えておくことで、渋滞を避けることができます。

観光ポイントの優先順位について

夏休み、車を運転して旅行や遊びに行く方も多いと思います。安全に楽しいドライブをするには、計画的に進めるのが大切です。
まず考えなくてはいけないのは、一日の走行距離の目安です。一日の走行距離の限度は、高速道路だと500キロ、一般道だと250キロと言われています。ただ移動するだけではなく観光が目的なら、その分の時間も差し引く必要があるので、高速で300キロ、一般道で150キロくらいが限度になるでしょう。そのことを頭に入れて計画しましょう。
せっかく出かけてもちゃんとプランを立てていかないと、行きたい所にたどり着かなかったり時間が足りなくなったりして、残念なお出かけになってしまうかもしれません。それを防ぐために、観光ポイントに優先順位をつけておくのは大切です。まず目的をはっきりさせて、絶対に行きたいポイントを前もって選んで、優先順位をつけておきます。最優先のポイントを中心にしてプランを練り、第2、第3のポイントもチェックしてコースを考えます。そのようにしておくと、渋滞などで時間がなさそうなら最優先のポイントだけに行き、時間があれば第2,第3のポイントも巡るというふうに調整できます。うろうろして結局行きたい所に行けなかった、ではせっかくの楽しいはずの旅が台無しですから、きちんとプランを決めて、行きたい所を確実に抑えられるようにしておきましょう。

走行距離の目安とは

車で出かけるときには、あまり長い距離、長い時間の運転を一人に任せるのは避けた方がいいでしょう。やはり、どんなに運転が上手な人でも、運転は心身に負担をかけるものです。配慮するようにしましょう。
通常、ドライブをする時には2時間くらいしたら、一度休憩をとるようにしましょう。運転をするには集中力が必要になります。これが持続するのがたいてい2時間程度といわれるのです。狭く、険しい運転が難しい道であっても、平坦な高速道路であっても、それぞれ体の疲れはあるのです。ですから、2時間程度、それで行ける距離という感じになります。走行距離の目安としては、高速道路では200km程度、一般道でも100km程度で、間にトイレ休憩や飲み物や食べ物、眠気覚ましにはガムやコーヒーを飲むようにするといいでしょう。
そのためにも、一般道では道の駅があったり、高速道路ではサービスエリアがあったりするのです。最近では、新東名なども話題になり、そのサービスエリアではグルメやショッピングなどでも楽しむことができるような工夫がされています。このようなところで、少し気分転換をするのも大切です。
また、ほかに同乗者で運転をすることが出来る人がいたら、交代をしていくといいでしょう。

ドライブは計画的に進めるがポイント

家族やカップル、また自動車の運転が好きな方は一人で、とドライブに出かける方も多いことでありましょう。しかし、自動車の運転というものは本人が感じる以上に、精神敵にも肉体的にもストレスや疲れがたまりやすいものです。普通に自動車を走らせていても、その視点は本人の全く意識しないうちに、実際は驚くほど動いているものです。つまりそれだけストレスがかかり、目も激しく運動していることになります。ハンドルを握る腕やアクセル、ブレーキを踏む足にもそうした緊張は当然伝わる物ですから、自動車の運転中というのはそれほど神経や筋肉に影響のあるものだということが分かります。したがって、自動車を運転するにあたっては、まず計画をしっかり立てることが重要です。どこで休みをいれるか。どれくらいの時間おきに休憩するか。また、その候補地を第一、第二、第三候補くらいに分けておいて、第一候補地に入ることができなかったり、渋滞や工事等で予定を変更せざるを得ないときのための備えをしておくと、安心でしょう。今はナビゲーションシステムなどが発達していますので、比較的行き当たりばったりの計画でも大丈夫、と思われる方も多いでしょうが、道路事情というものは天候や状況に応じて大きく変わります。そうしたときに慌てることのないように準備を調えることで、安全な楽しい自動車の旅ができるのではないでしょうか。

最近の投稿