9月, 2015

天然ガス自動車を購入するときに気をつけたいポイント

天然ガスを燃料にする車は、気体を積んで走行する必要があります。
軽量化や設備の小型化が行えるので、将来性が高く保たれますし、現状でも小さいサイズで製品化されています。
安全性に重点が置かれていますし、事故に遭遇しても対応出来る構造を持ちますから、被害の拡大を防いだり、車体から逃げる時間を十分に確保する事が可能です。
環境にメリットが大きいタイプなので、購入を決める場合に欠かせないポイントですから、この点を良く知り比べる事によって、費用に対する効果を高める事に繋がります。
燃焼ガスのクリーンさは、排出される物質により異なりますが、どの成分もガソリン燃焼より優れますし、環境を重視する政策とマッチする車ですから、政府も後押しをしたり力を入れる存在です。
窒素酸化物は、6割から7割程度の削減が実現しますし、酸性雨や建物を劣化させる原因を減らせるので、導入や普及が環境を変える切っ掛けになります。
黒煙は完全にカット出来ますから、空気の汚れ減少を視覚的にとらえる事が可能です。
また、硫黄酸化物も同様に高い減少効果を見せるので、ガソリン車から発生する問題をの多くに対処が行えます。
従来車や新しい仕組みの登場など、ライバルが多く競争は激しい分野ですが、天然ガスに利点は多くありますから、目的やメリットを良く考えた車選びが大切です。

安全性レベルはどのくらい?天然ガス自動車

天然ガス自動車が搭載しているエンジンの構造は、燃料供給系のほかに違いはありません。点検やメンテナンスの面でも、燃料容器や燃料系についての点検が違う以外には、おおよそのところ変わりはありません。燃料の天然ガスは、20MPaの高圧に圧縮されてガス容器に充填されることになります。圧縮天然ガス、ガス容器から燃料配管を通り、減圧弁を経てエンジン側に供給されます。天然ガスの事故などのニュースは目にすることがありますので、危険なものといったイメージを持っている消費者も少なくありません。実際に天然ガスの事故は、大事故に繋がる傾向にあることから、そこで消極的になってしまう消費者も多く見られます。しかし天然ガス自動車は、燃料供給系において、過流防止弁や安全弁、主止弁、逆止弁といった安全装置が幾重にも設置されています。重要部品となる燃料容器や遮断弁等は、衝突が起こった時に影響が小さく、損傷する恐れが極力少ない場所に付けられています。装置一つ一つ、設計上の用心によって、従来の車と同じだけの高い安全性レベルが確保されています。現時点でインフラが整っていないなどの問題はありますが、排気ガスがクリーンで静粛性に富むなどの優位性によって、ますます期待されるものになっています。

天然ガス自動車の特徴と知っておきたい問題点

天然ガズ自動車とは、天然ガスをガスボンベに圧縮して詰めたものを燃料として走る自動車のことです。
天然ガス車は主に2種類に分けられます。現在の主流になっているのは天然ガスを気体のままでガス容器に充填する圧縮天然ガス自動車です。一方天然ガスを液体化して超低温容器に充填するという方式もあり、これを液化天然ガス自動車と呼んでいます。こちらは日本では現在実用化に向けて開発が行われている途中です。
天然ガス自動車の構造は、燃料の供給系統を除いては、ガソリン車やディーゼル車とほぼ同じです。ゆえに、技術的な安全性には問題がなく、日本では現在4万台程度の導入ですが、全世界では既に800万台もの天然ガス自動車が走っています。
この車の特徴としては、二酸化炭素の排出量がガソリンに比べ2、3割少なくて済むということです。また、その他の大気汚染物質の排出量もガソリンなどに比べて少なくて済むという点も挙げられます。これは大きな魅力ですが、一方で問題点もあります。一番はやはり、価格が1.5から2倍ほどにもなってしまうことです。それから、ガススタンドの整備がまだまだなことで、利用者はどうしても不便を感じてしまい、これが普及へのネックとなっています。

天然ガス自動車と環境の関わり方

自動車の排気ガスによる環境破壊問題がクローズアップされている現代ですが、最近では天然ガス自動車の環境の関わり方が注目されています。
構造的にはガソリン車と変わりなく、燃料供給の安全性も高い評価を得ているところです。
万一の衝突事故や、事故による火災時に備えた装備もあり、ガス容器、配管などは衝突に十分耐えられる強度を持ち、配置も破損しにくいようにしています。
天然ガスの排ガスは、ガソリン車の排ガスに比べ、二酸化炭素や窒素化合物などの有害物質を大幅にカットできます。硫黄酸化物などは発生しないため、大気汚染の影響や、喘息や気管支炎など、健康被害への改善の期待も持たれます。
天然ガスの排ガスはクリーンであり、代替エネルギーとしても安定しているため、自動車の普及は環境を守るうえで不可欠な存在となりつつあります。
軽自動車から普通自動車はもちろん、トラックやバスなどの大型自動車や、業務用車など、幅広い用途で実用化されており、ガススタンドの普及も急がれています。軽自動車でも、ガスを満タンにすると約200㎞の走行が可能です。
ガソリンや軽油などの多くは石油に依存しており、エネルギーとしての安定は近年難しくなっています。石油代替エネルギーとしても高く評価されています。

 

自家用車世帯普及の動向

 欧州では広く普及しており、最近は日本でも広まってきているクリーンディーゼルですが、それでも年間で7万台とやはりガソリン車に比べると広まっているとは言えない状態です。
原因として、まずディーゼル車の方が高いという事が上げられます。昨今ではクリーンディーゼルのおかげで環境配慮がなされた車というイメージがありますがもともディーゼル車というのはガソリン車よりも環境への影響が悪く、東京都などは乗り入れ規制を行うほどでした。そこで様々な改良がなされ環境への配慮がなされたクリーンディーゼルが生まれたのですが、その改良のコストが車体価格に影響を及ぼすことになっています。
またディーゼルの燃費の面を押す人も居るのですが日本ではガソリンエンジンの燃費改良が進んでおり、構造上大きくならざる得ないクリーンディーゼルよりも燃費が良い車は沢山あります。
また環境性能についてもガソリン車の改善が進んでいるため、大きな差を利用者に提示する事が出来ないのです。
そもそもなぜ欧州でクリーンディーゼルが広まったのかといえば、ガソリン車の燃費改善があまり行われていなかったというのと環境への配慮というイメージそして車体価格がガソリン車よりも安かったという面が上げられます。
それらの利点が日本では出しにくい為、今後そう言った点が改善されていかなければこの状況は続くと考えられます。

コモンレールディーゼルのエンジン構造

コモンレールディーゼルは従来のディーゼルエンジンよりも格段に出力が高く、また、燃費も改善されています。従来のディーゼルエンジンとの一番の違いは燃料の噴出方式です。これまでは細かい出力調整ができず、空気と一定量の軽油と混ぜてシリンダーに入れるだけでした。しかし、コモンレール式ではシリンダー毎に適切な量の混合燃料を噴出することができます。顧問連ーる式の場合、燃料の噴出量も調整でき、回転数などを元にコンピュータが適切に設定することができます。ディーゼルエンジンで問題となることが多かった不完全燃焼についても完全解消に近づいており、ディーゼルエンジンの代名詞だった黒鉛とも無縁なエンジンとなりました。また、エンジンの燃焼効率も上がることで燃費の改善が進んでいます。燃料費がもともと安い軽油なので燃費改善と合わせて大変好評です。ディーゼルエンジンは排出ガスも問題となりますが、燃焼効率が高いため、不完全燃焼が少なく、有害なガスが少なくなるようです。また、効果的な触媒やマフラーも開発されたことで低公害車となっています。コモンレール式のディーゼルエンジンは今後、ハイブリッドも導入される方向と言われており、さらなる燃費改善に向かっています

クリーンディーゼル車が抱える問題点とは?

ディーゼルエンジンは、エネルギー変換効率が高く、二酸化炭素排出量が少ないとされ、ガソリンエンジンと同排気量ならば2割から3割程度燃費が良いとされています。又、ディーゼルエンジンは、低回転時からトルクが太い特性があり、ガソリンエンジンより小さな排気量でも同等以上の力強い加速を得られるメリットがあります。
現在のクリーンディーゼルエンジンでは、高圧燃料をコンピューターで電子制御と電磁式噴射ポンプにより、燃焼筒内に直噴して、ディーゼル燃料の燃焼を細かく制御する事で、燃費向上と汚染物質の抑制するコモンレールディーゼル技術や排出ガス浄化システムの高度化によって粒子状物質や窒素酸化物など大気汚染物質の排出が少なくなっています。
しかし、クリーンディーゼルエンジンは、非常に複雑な機構を持っている為に、一般的にディーゼルエンジン自体の重量がガソリンエンジンの重量と比べて重くなり、エンジンの製造コストが高く、自動車の販売価格も高く設定される事が多いのが大きな問題点です。又、クリーンディーゼル車の複雑な機構は、点検や整備においても大きな問題点となっています。一番の問題点は、ディーゼルエンジンに対する間違った認識にあります。

クリーンディーゼル車を保持するメリット

ディーゼルエンジン車は日本ではあまり人気がありません。理由としてはディーゼル車が多かった時代によくあった黒い煙のようです。また、ディーゼル車は燃料費が安いがパワーが足りなく、振動が多くて乗りづらいとも言われてきました。しかし、クリーンディーゼルが販売されるようになるとこれまでのディーゼルのイメージを払拭したようです。このディーゼルエンジンは燃料の扱い方が違います。これまでは空気と混ぜた後、エンジンの回転数に合わせてすべてのシリンダーに同じ量の燃料を入れていました。しかし、適正な量が入っていなければ不完全燃焼が起こり、ディーゼルエンジンの困った問題である黒い煙が大量に出てしまいます。そこで燃料の噴出量をシリンダーごとに調整する機構がついたディーゼルエンジンをクリーンと呼んでいます。ディーゼルエンジンは燃費の面で有利ですが、クリーンはさらによくなっています。そのため、黒鉛も少なく、振動も少なくなったことで所有し続けるメリットがあります。また、新車で購入した場合には3年間の税制猶予もありますし、基準を満たせばさらに多くの補助が用意されていることもあり、購入時に安く買えるチャンスが増えています。

クリーンディーゼル車はお得?徹底検証

かつてのディーゼル乗用車といえばパワーがないわりにはうるさく、ただガソリンとくらべると安い軽油を燃料としているため、経済性のためにしかたなく乗るという車でした。しかも黒煙をまき散らすというイメージがあり、ディーゼル排ガスは環境にもよくないということで規制の対象にもなっています。しかしこうしたなか登場したのがクリーンディーゼル車です。

ディーゼル車の魅力である燃費の良さはそのままに、評判を下げていた有害な窒素酸化物や炭化水素を、触媒などを活用した後処理装置を取り付けなくても環境基準をクリアできるレベルまで低減させることができています。後処理装置が必要ない分生産コストも安くなり、低価格で供給することが可能です。

ディーゼル車のメリットとしてエンジンがガソリン車より頑丈にできているので車も長持ちさせることができます。また丈夫で非常に壊れにくいため、中古車でも十分に良質な車が買えます。

またエコカー減税が適用されます。さらに軽油価格はガソリン価格よりも約15%安いです。車体コストがかかっても燃料代を主とするランニングコストが低いのでハイブリッド車と比べても経済的です。長期間使用するのであればトータルコストで見れば非常にお得な存在なのです。

話題の低公害車!税制で優遇される理由

gf0240039759l 自動車は私達の生活に欠かせない存在ですが、自動車を動かす際には必ず「二酸化炭素」が排出されます。二酸化炭素は地球温暖化の原因となる「温室効果ガス」を増加させるため、大きな社会問題となっています。また、二酸化炭素の他にも窒素酸化物や一酸化炭素など、大気汚染の原因となる物質も排出されてしまいます。この問題に対処するために誕生したのが、「低公害車」と呼ばれる自動車です。これは、大気汚染や地球温暖化の原因となる物質の排出が少なく、環境に優しい自動車の総称です。具体的には、電気自動車やメタノール自動車、gf0640065860l天然ガス自動車、圧縮空気車、そして現在広く普及しているハイブリッド車が挙げられます。これらの車は、地球温暖化などの環境対策や自動車メーカーの業績回復などを目的として、税制面で優遇されることになっています。税金を安くすることによって、このような環境に優しい車の普及を促しているのです。自動車を購入する側にとっては、税金を安く抑えることが出来る一方で、国や自動車メーカー側にとっても、自動車が売れやすくなったり環境に優しい自動車の普及が進むというメリットがあるのです。また、最近ではトヨタの「プリウス」に代表されるハイブリッド車が急速に普及しており、日本だけでなく世界でも多くのハイブリッド車が走っています。

最近の投稿