3月, 2016

車マニアへ!ターボタイマーの構造とは

ターボ車のターボとはエンジンの排気ガスを利用して大きな力を得ています。1万回以上の回転で羽根を回転させ、排気ガスで回し、加給する仕組みとなっています。この力を利用することで、小さな排気量の車でも排気量以上のパワーを得ることができる構造です。つまり、加速が非常に優れていて、最近の日本でもダウンサイジングターボと呼ばれる小さな排気量の車をターボの力で加速を補足し、燃費向上させる構造が出始めています。
ターボ車は数万回転以上で羽根が回るため、高温になります。この状態でエンジンをいきなり切ってしまうと、急激に外側が冷え始めて中が熱いままの状態になります。こうなると、ターボへの負荷が大きくなり、故障原因につながってしまう可能性があります。これを抑止するために必要なのが、ターボタイマーです。これは、エンジンのキーを抜いてもアイドリング状態をキープし、ある時間が経過するとエンジンが止まるという構造で、時間指定で切れるものから、エンジンの状態から切れるタイミングを計るものから様々なタイプがあります。
エンジンスターター機能が搭載しているタイプのものも存在します。エンジンをかけたばかりでターボを使用する場合も負担が大きいため、ある程度温めてからターボを使用することも必要です。

タービンの焼きつきや傷がつくのを防ぐ方法とは

以前はスポーツカータイプの自動車などでターボチャージャーが搭載されている自動車があり、高出力を得ることが出来るとして採用されていました。現在でも燃料を効率よく使用することが可能であるため、そういった面からも見直されておりターボ搭載のエコカーも増えています。

ターボチャージャーの仕組みは、排気ガスを羽のついたタービンの回転によりエンジンの吸気側に空気を圧縮して送り込むことが出来る仕組みとなっています。実際にはタービンを高速回転させるため、その分タービン自体に高熱が生じやすく、もし急に停止させたりすると焼きつきを起こしたりして、羽に傷が付いたりすることも多いです。

また円滑にタービンを回転させる上では、エンジンオイルと共用して使用すると高熱によってオイルの劣化や不足などが生じ、しかもオイル不足より焼きつきや傷を生じさせることもあります。なおタービンに傷が付いたり、焼きつきを起こしたりするとターボの機能を十分に果たすことが出来なくなってしまいます。

そこで焼きつきを防ぐ方法としては、ターボタイマーを用いることで実現可能です。エンジンを急に止めるのではなく、ある一定の時間が稼動させ、徐々に温度を下げてターボの熱を冷ますことで対応が可能となります。

a

実は知らなかった!ターボタイマーの役割とは

ターボタイマーとは、ターボ車に取り付いているタイマーのことで1分程度のアイドリング時間を置いてエンジンを切るタイマーです。ターボは排気ガスを利用して大体、タービンを1万回以上の高速回転させることで圧縮した空気をエンジンに送り込んで、熱効率を上昇させる仕組みとなっています。

これにより燃費を良くしたり排気量以上の出力を得ることが出来たり、排気ガスの有害な成分を減少させることも可能となります。ただタービンを1万回以上高速回転させることで高温状態となっており、それを急激に冷やすとそれが負担となって金属疲労を起こし、ターボの故障が起こる可能性があります。

そのため、エンジンを切る前に1分程度エンジンをアイドリング状態にして、徐々に温度を下げてエンジンを切るのが負担がかからない状態となるので故障しにくくなります。このようにターボタイマーにはエンジンを切る前にアイドリング状態にして切るので故障を防ぐ働きがあります。

実際にはどんな自動車でもエンジンを切る前は、少しアイドリングしてからエンジンを切る事を奨励しています。自動車の説明書などにも記載されているほどですが、ターボタイマーを使えば自動的にエンジンを切ってくれるので手動で行なうよりも簡単に済みます。

そのため、ターボ車を乗っていて直ぐに切る癖がある人やターボ車であることを知らない人がよく運転するケースではターボタイマー付けて置く事が望ましいです。

おすすめは双方向!エンジンがかかったことを知らせるシステムとは?

離れた場所からリモコンでクルマのエンジンをスタートさせることができるエンジンスターターは、大変便利なグッズとして人気がありますが、エンジンスターターには、双方向タイプと呼ばれるものと単方向タイプと呼ばれるものと2種類あります。双方向タイプというのは、クルマのエンジンがちゃんとかかったことをリモコンに知らせるアンサーバック機能が付いているエンジンスターターのことで、単方向タイプはアンサーバック機能が付いていないエンジンスターターのことを言います。

クルマまでの距離が遠かったり、障害物が多いような場所だと、リモコンの電波が届いているのだろうか心配なこともあるかもしれません。しかし、アンサーバック機能が付いていれば、エンジンが始動したかどうかが確実にわかります。また、エンジンの始動が確認できるだけでなく、エンジンが切れたかどうかもわかります。ターボエンジン搭載車などは、エンジンをすぐに切るのではなく、しばらくアイドリングを行いエンジンを冷やす必要があるため、このアンサーバック機能が付いていれば、自宅に戻った後でエンジンが切れたことを確認することができて安心です。また、最近では、エンジンのオン、オフだけでなく、車内の温度やバッテリー電圧なども知ることができるものもあります。

車にも準備運動がある?!エンジンに負担をかけないために

自動車を動かすためには、路面と接しているタイヤを回転させなければなりません。そしてそのタイヤを回転させるのがエンジンで、始動させるものをスターターと言います。この装置はキーを操作することで、簡単にエンジンを発動して自動車を動かすのを可能にしています。一般的にスターターは200~300回転させて、始動するとアイドリングでも600回転します。これを考慮して一定以上の回転力になると空回りするように設計されており、オーバーランニングクラッチと言います。これは予想以上の回転でスターターが壊れて、エンジンに負担をかけないようにするためです。しかし始動したのにも関わらず、もう一度鍵をひねってしまうことがあります。その原因にはオーディオの音量が大きくて回転の音が聞こえなかったり、回転させて他の用事を挟んだことで忘れてしまったり、誰でも経験する可能性があるミスです。普通に回転させるのと回転しているところに、さらに力をかけるのでは、部品の傷み方が違うので、何度も鍵をひねることは注意します。また走行中に謝って鍵をひねってしまうと、スターターが高速回転するエンジンにギアが衝突することがあり、オーバーランニングクラッチが適用されません。

知ってる人は知ってる!エンジンスターターの役割とは

自宅や職場など一定の近距離から遠隔でエンジンをかけることができるエンジンスターター。

エンジンスターターは手のひらサイズの小さなリモコンを用いて、室内など建物の中など車と離れた場所からボタンひとつでエンジンをかけたり、切ったりできるツールです。
主に冬場の冷え切った車内を暖めるために利用する方が多いようです。
車を使用後エンジンを切る前に、エアコンの設定温度や風量を調整しておくと次に車を使用する際に早く車内を暖めることができ、寒い車内や冷え切ったハンドルをにぎる不快感からも解放されることができます。

夏場は逆に設定温度を下げて車内を冷やしておくことができます。

このようにエンジンスターターの役割は車内の温度を快適にする目的にだけ使用している方が多いようですが、車にかかる負担を軽減させるためにも役立ちます。
エンジンはある程度あたためてから車を発進させた方が車に負担がかりにくいとされているため、冬場だけでなく年中を通して使用しても良いでしょう。

エンジンスターターはカー用品店などで購入できます。価格は2万円~3万円台が平均なようですが、本体価格の他に車体への工事も必要となるため、この工賃が別途必要になります。

優しいのはエンジンにだけじゃない!便利な機能も次々と登場してます

エンジンスターターやターボタイマーは、エンジンをリモコンや自動で始動させたり停止させたりすることができる装置です。これらの装置を使うことによって、いきなりクルマを走らせてエンジンに負担をかけるのではなく、少し暖機させて徐々に調子が良くなってからクルマを走らせることができたり、また、高性能なターボの場合は、熱をアイドリングでゆっくり冷やしながら停止させることでエンジンにとても優しい効果をもたらすことができます。

また、これらの装置はそれ以外にも、様々な便利な機能がついています。たとえば、車内の温度が何度かわかる機能が付いたタイプがあります。夏の暑い日などは、サウナ状態になったクルマに乗りこみたくないものです。そこでエンジンスターターで予めエアコンをつけ、涼しくなったころに乗りこむわけですが、その際に室温がわかるので乗りこむタイミングがわかるわけです。同様に、冬の寒い日は、早目に暖房をつけて暖かくなったころにクルマに乗りこむタイミングがわかります。双方向性の機能が付いているタイプは、このようなクルマの情報を離れた場所にいながらわかるわけです。単方向性のタイプに比べると価格は若干上がりますが、メリットは非常に大きいです。

車用品の進化!便利さと快適さという機能を追求した用品とは?

車に乗るときにはエンジンは欠かせません。いわば車の心臓部分のようなもので、これが故障すれば車は動かなくなってしまうことは誰もがご存じのことでしょう。少しでも長く愛車を大事に乗りたいというのは誰しも思うことです。そこでおすすめ車用品として、エンジンスターターがあります。エンジンスターターとは遠隔操作で車のエンジンをかけるリモコンです。エンジンは始動してからすぐに車を動かすのはよくありません。特に夏の暑い日や冬の寒い日は、あらかじめエンジンをかけておくとエアコンの効きもよくなりますし、エンジンの故障を防ぐことができるのです。またターボ車に乗っている人は、ターボタイマーは必需品です。ターボ車は運転直後エンジンをすぐに切るのは車にとってもよくありません。しばらくアイドリングをしてからエンジンを切らなければ故障の原因となるのです。ターボタイマーをつけておくと、しばらく自動でアイドリングをした後にエンジンを止めてくれます。ですから、車のエンジンにも優しく長持ちさせてくれるのです。愛車のことを考えたら、エンジンスターターやターボタイマーは必要なものといえるでしょう。便利さと快適さを追求した究極の商品とも言えるでしょう。

車の知識:エンジンスターターとターボタイマーの働きとは

エンジンスターターとは、リモコンを使った遠隔操作で、クルマのエンジンを始動させたり、停止させたりできる装置のことを言います。エンジンスターターが便利なのは、夏の暑い時や冬の寒いときなど、クルマに乗る前にエンジンをかけて冷房をつけクルマを冷やしておくことや、暖房をつけてクルマを暖めておくことができることです。また、エンジンの暖機運転もできるので、エンジンにも良い効果があります。エンジンスターターの遠隔操作は数百m~1km程度離れた距離であっても操作が可能ですので、自宅から駐車場に止めてあるクルマのエンジンをかけることが可能です。

ターボタイマーとは、ターボエンジンを自動で切るための装置ですが、自動でエンジンを切る前に1分程度ターボをかけない状態でのアイドリングを行ってからエンジンが切れるようになっています。ターボは1万回転以上の高速で羽根が回り加給を行なう装置ですが、その際に非常に高温になります。そのためにいきなりエンジンを切ると、外は冷えるけど中は熱いままとなり、故障の原因となりかねません。そこで、エンジンを冷やす為に1分程度ターボをかけない状態でアイドリングさせることで、エンジンを冷やしていく必要があります。ターボタイマーがあれば、アイドリングの間クルマの中で待っている必要がありません。

車の知識:エンジンスターターとターボタイマーとは

ウェディング02エンジンスターターとは、文字通り「エンジンを始動させるもの」です。例えば、冬にフロントウィンドウの凍結を解消するために早くエンジンを掛けたいという場合、わざわざ車まで行ってエンジンをかけて家に戻るという手間が非常に億劫に感じる人もいるでしょう。そんな時にエンジンスターターがあれば、自宅からリモコンを使って遠隔操作でエンジンを始動させることが出来ます。距離的にも数百メートル程度は操作が可能な商品もある為、敷地外で保管しているという場合でも利用することが出来ます。

ターボタイマーとは、簡単に言うと「エンジンが停止するタイミングを調節する機械」です。一般的に搭載されているターボではなく、更に大きな過給圧を得る目的で取り付けられるターボの場合、機械的に過給圧を掛けるために急に圧力を抜いてしまうことで大きなダメージを与えてしまうことがあります。基本的にはアクセルオンで加圧され、アクセルオフで圧力が抜けるのですが、一旦かかった圧力を抜き切る為にはある程度の時間が必要になります。そこで、エンジンオフから一定時間エンジンを停めずにタービン内の圧力を落ち着かせる時間を稼ぐ装置がターボタイマーです。ターボタイマーを使うと、エンジンオフからすぐにその場を離れることが出来るようになります。

最近の投稿