4WD(4輪駆動)の特性

自動車の駆動方式の1つに全輪を駆動する4WDがあり、パートタイム式、フルタイム式、スタンバイ式などの種類があり、それぞれ特性が異なります。
パートタイム式は、通常は二輪を駆動して、必要に応じてスイッチなどでドライバーが四輪駆動に切り替えるシステムで、悪路などで高い走破性を発揮することができますが、センターデフを持たない構造となっているので、前後の内輪差が吸収されず、乾燥した舗装路面などでは挙動が不安定になります。
フルタイム式は、前後輪の間にセンターデフを備えて全輪の回転差を吸収することができるので、常に四輪駆動で走行ができるので、高速走行時や雨天時の走行などの安定性に優れています。
車種によってはセンターデフを電子制御化して前後のトルク配分を変えたり、路面状況などによってトルク配分が変わるシステムなどもあります。
スタンバイ式は、通常走行時は二輪駆動で、駆動輪が空転すると自動的に他の二輪にも駆動力が加わるシステムで、センターデフを持たないのが特徴で、パッシブオンデマンド4WDやアクティブオンデマンド4WDなどの種類があり、制御が多用化しているので、他の4WDシステムと同等の性能になっています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿