Author Archive

納車費用と忘れがちなポイント

車を買う際に意外と見落としがちなポイントとして納車費用があります。車を買う際、見積を取る方が多いと思いますが意外と高い諸経費に驚く方も多いようです。諸経費のうち、各種税金は値引きが全く出来ません。ただし、納車に関する費用については値引き交渉を行えます。納車にかかる費用として計上されるのが、ナンバー取得費、車庫証明取得費、ガソリン代、納車のための運搬費です。この内、ガソリン代と運搬費はディーラーで受け取れば形状されないことが多いです。他の費用に関しては値引き交渉が可能な部分です。特に各種値取得の手数料については数万円なので値引きとして頑張りたいところです。また、ガソリン代については値引きの本当の最後に満タンを条件にいれるのことがしやすいので忘れずに交渉したいところです。車を受け取るのはディーラーで行う場合が多いですが、自宅で受け取りたいという方もいます。その場合には積載車で運搬となりますが、1万円程度はかかることがあるので、この点も値引き交渉のしがいがあります。納車に関する費用はディーラーが外注する費用が多いので値引きを渋る場合も多いですが、数万円という低めの価格帯なので粘って見る価値はあります。

リサイクル!クルマのリサイクル料金はどれくらい?

自動車リサイクル法とよばれる法律によって、自動車が正しくリサイクルされるために必要な経費を、前もって所有者が負担するのが自動車リサイクル料金制度の趣旨となっています。
この料金は、当然ながら最終的にリサイクルするためにかかる経費を見込んだものですので、そのなかにはエアコンにつかわれるフロンガスの回収費用、廃プラスチック類などのシュレッダーダストの埋立費用、爆発の危険性をもつエアバッグの処理費用、リサイクル団体が事務をするための手数料などといったものが含まれています。
こうした処理すべき自動車のパーツというのは、車種によってもかなり形状や構造が異なっていますので、すべての自動車が一律というのではなく、車種によって料金に違いが出るようになっています。
その料金の具体的な金額については、自動車メーカーのホームページなどから確認できますが、軽自動車で7千円程度、普通自動車で1万円程度というのが最低のラインであり、大型の観光バスなどの特殊なものでは6万5千円程度にまで跳ね上がることもあります。
これらのなかにはグレードによってエアバッグの個数や形式、エアコンの有無などに違いがあり、同一車種でも料金が異なるという場合もあります。

諸費用と言われるクルマの費用

車を取得する時には様々な費用がかかってくるのですが、予算もありますので大体で構わないので費用も確認しておくと購入までのスケジュールも決めやすくなります。自動車にかかる費用自体は、本体そのものとオプションの価格、そしてその他のサービスを利用したらその分だけ費用もかかります。それ以外にも税金もかかりますが、消費税や自動車税、そして自動車取得税などがそれに該当します。車庫証明や納車の費用、検査や登録等を代行してもらうのであればその分の費用も必要になります。リサイクル法に関連しての費用なども計上していけば、いろんな費用がかかってくるものだと改めて実感することでしょう。金額的なイメージとしては、本体価格の20~30%ぐらいが諸費用になってくると考えても差し支えありません。新車で購入するのか、中古車で購入するのかはその時々でも変わってきます。一部手数料などが販売店などによっても変わってきますので、車を探していく時には複数のお店を回って見積もりも取れば納得して購入もできるでしょう。費用の内訳もどうなっているのかしっかり確認して、納得できる車選びができるように相談もしながら探していくようにしてみてください。

初心者でも分かる自賠責保険料とは?

自動車を購入する時は自動車保険に加入しなければなりません。自動車保険は大きく分けて二つの種類があります。一つは自賠責保険で、もう一つは損害保険会社が取り扱っている自動車保険です。
一般的な自動車保険は任意保険と呼ばれており、任意で加入することになります。しかし、自賠責保険の場合は強制保険ですから誰もが加入しなければならないのです。自動車を購入する時は販売店の方で手続きを行いますが、更新に関しては車検の時期に合わせたり個人的に更新手続きを行う必要があります。自賠責保険の期間が切れたまま運転すると、1年以下の懲役か50万円以下の罰金を科せられますから注意しましょう。
自賠責保険は自動車販売店や修理工場、保険代理店等で手続きができます。どこで手続きしても自賠責保険料は同じですから、一般的な自動車保険のように比較する必要はありません。
保険料は自動車の種類によって変わります。自家用乗用自動車よりも軽自動車が安くなりますし、自家用普通貨物自動車や自家用小型貨物自動車の場合も保険料が違ってきます。
保険期間は自動車の場合は37カ月が最長ですが、二輪車になると60カ月間の長期契約が可能です。長期契約の場合は更新し忘れがないように気を付けなければなりません。

自動車税がある理由とは?

自動車税は昭和15年、戦時中に戦費を調達する目的で創設されました。当時は自動車は贅沢品でしたから、自動車を買えるだけの財力を持つ人には、もっと税金を払ってもらおうという趣旨です。今は地方に行けば行くほど、自動車は生活必需品ですから、税制を見なおしてほしいというユーザーの声がありますが、その税金は地方自治体道路財源として利用されていますので、廃止になる雰囲気はありません。日本のユーザーには世界で一番高い税金がかかっています。自動車大国アメリカと比べても約14倍もの重税です。税金分にさらに消費税がかかっている二重課税の問題も残ったままです。はじめて消費税が導入された時に、それまであった物品税や入湯税などの個別間接税は廃止されました。自動車に関する税金だけは、前述のように地方特別財源とされている関係もあって、手付かずのままです。地方道路財源として支給されても、他の用途にも使用できる問題もあります。使徒を限定した目的財源として地方に入ってきますが、全体の2割程度は別の目的で使われています。重税感もあって軽自動車がよく売れていますが、軽自動車に関する税金も増税されてきていますので、車離れはまだ続くことでしょう。

自動車重量税の基本知識

自動車には様々な税金がかかります。この内のひとつとして、自動車重量税があります。これは自動車を保有していることでかかる税金です。詳しく説明すると、自動車の重量に応じてかかる国税で、普通車の場合は0.5トンごとに年4100円かかります。軽自動車の場合は、重量に関係なく定額で年に3300円かかります。新車購入時には3年分の金額を、その後は車検を受けるたびに2年分をまとめて納付する必要があります。たとえば、車両の重量が1.5トンの自動車の場合、購入時には36900円の支払い納付が必要と言うわけです。税金額としては決して安くはありませんが、実はこの税金には減税措置、または免税措置が用意されています。これはいわゆるエコカー減税と呼ばれるもので、電気自動車やハイブリッド自動車、また燃費基準を満たしている自動車、環境に優しいことが国により認められている自動車については、その条件達成度に応じて、この税金が免税または減税されると言うものです。たとえば、重量1.5トンの小型車の場合の燃費基準で、2015年度の燃費基準、ガソリン1リットルあたり14.4キロを5%以上達成している場合は25%、減税されます。もう少し厳しい2020年度の燃費基準、ガソリン1リットルあたり17.6キロを達成している自動車は50%、10%以上達成している場合は75%の減税を受けることができます。そして電気自動車やハイブリッド自動車、また基準を20%以上達成している自動車については、この税金については免税されます。

消費税がクルマにかかる!おさえておきたいポイント

自動車を購入する場合は多額の費用がかかりますが、このうち車両本体価格、オプションパーツの価格、登録代行手数料のうち法定費用を除く部分、車庫証明の取得代行費用、自宅への納車費用などに消費税分が上乗せされます。特に車両本体価格に上乗せされる税額は非常に大きいので、購入時にはよく確認しておく必要があります。車両の価格は、カタログに税込価格と税抜価格の両方が記載されており、電卓などで計算をしなくても確認することが可能です。
ただし、一定の条件を満たす自動車については、法律によって購入時にこの税が課税されないことになっています。非課税の対象となっているのは主に福祉車両や障害などで身体が不自由な人が運転する車両で、具体的には車椅子を乗せるための昇降装置と車椅子が揺れたり動かないように固定するための装置がついている車両や、身体が不自由な人でも運転可能なように左足用のアクセルペダルや、足踏式の方向指示器、改造座席などの運転を補助するためのものが取り付けられている車両が該当します。また、自動車がこの非課税の対象となる要件を満たしていれば、譲渡費用やレンタル料、補助装置や車椅子の昇降装置の修理費用についても非課税となります。

自動車取得税が存在する理由とは?

自動車取得税とは、自動車を購入する際に発生する税金のことです。
1968年に創設された地方税で、創設当初は、道路財源を目的とした目的税でした。
道路に関する費用のために、自動車の取得に対して課す税金として、長い間運用されてきましたが、2009年に普通税に改正され、税金の使用用途が限定されなくなりました。
本来目的税として導入されたものであるのに、普通税に改正され一般財源化されたことで、課税根拠が失われ、その存在意義について問題となっています。
さらに、自動車を取得する際には、合わせて消費税も課税されることとなり、二重課税であることも問題となっていて、自動車業界等からも廃止を訴える声が多くあがっています。

このような問題を抱えながらも、現在まで廃止になることなく存在しているのは、単純に、多額の税収が得られて、財源を確保しやすい税金だからということでしょう。
しかし、2017年4月に予定されている消費税10パーセント引き上げに伴い、廃止されることが決定しています。
消費税増税による自動車の買い控えを防いで、自動車販売を後押しする狙いがあるようですが、廃止されたとしても、消費税は増税となるため、廃止により自動車販売の促進が促されるという期待は薄いというのが現状です。

税金と保険、どこまで知ってる?基本知識

自動車には様々な税金がかけられています。まずは、車体購入時に必要な自動車取得税です。これは普通車の場合は取得価格の3%の金額が、軽自動車の場合は2%の金額です。それから当然ながら、8%の消費税も必要となります。自動車が自分ものになってからも、自動車重量税、自動車税あるいは軽自動車税の支払いが必要です。重量税は新車購入時に3年分、そして車検時に2年分をまとめて支払う仕組みです。軽自動車税は、年7200円でしたが、2015年4月以降に購入した新車に関しては、年10800円に値上げされることが決定しています。ただしこれらに関しては、環境に優しいことが認定されているハイブリッド車や低燃費車などのエコカーの場合、減税措置を受けることができます。そして自動車を動かすのに欠かすことができない燃料にも、揮発油税や石油ガス税と言った、様々な税が加算されているのは知っておきたい点です。一方、自動車の保険には、自賠責または強制と呼ばれるものと、任意と呼ばれるものの2種類があります。どちらも交通アクシデントで発生した損失に対し補償することを目的としていますが、自賠責の場合、その補償範囲は人的損失に限られていますし、金額もじゅうぶんではありません。それを補うことができるのが任意保険の強みです。文字通り、加入はドライバーの意思に任せられているものですが、自賠責だけでなくこちらにもきちんと加入しておくことは、自動車を利用する人の責任でもあります。

クルマの費用は価格だけじゃない!初心者でも分かる車の費用

ウェディング02クルマにかかる費用は、車両本体価格だけではありません。そのほかにオプションをつければ追加した分だけお金がかかりますし、法定設備点検などのサービスも利用すれば、そちらにもお金がかかってきます。特にオプションはピンからキリまで価格が違い、車両本体価格が安くても、パーツのグレードを高いものにすると倍くらいの値段になる事もあります。
購入した後にも、所持しているだけで費用がかかります。税金と保険が主なコストで、車両を購入した時には消費税がかかりますし、それに加えて毎年自動車税を払う必要があります。
自動車税は排気量によって都道府県から課税される税金で、基本的には毎年4月に納めることになっています。ただし、年度途中で購入した場合には、登録の翌月〜年度末までの金額を月割で納めます。
さらに自動車保険は、必ず入らなければならない強制保険です。乗用車の場合には1年でだいたい15,110円、軽自動車では13,600円くらいかかります。
重量税というのもあって、これは車重が0.5kg重くなるたびに、5,000円/年プラスされます。ただし、軽自動車の場合は重量に関係なく、すべての車両が一律3,800円/年となっています。

最近の投稿