ボディの大きさと排気量は比例するのか?

自動車を効率よく動かす場合にはボディの重量に対して、エンジンが持っているパワーが上回っていることがポイントになります。またボディを軽量化されれば、排気量が少なくても自動車を動かすことが可能であり、反面で重ければ排気量が少ないと動かすのが困難になります。
ただし大幅にパワーだけが上回っている場合にはそれだけパワーの無駄となります。このため、市販されている自動車はこのバランスがポイントになります。また車種によっても考え方が異なり、スポーツカーではればスピードなどが重視されますしトラックやバスといった重量物を運ぶものでは、その重量物を無理なく運ぶためのトルクなどが重視されます。
なお、現在においては自動車に使用されている金属の重さはほぼ決まっているためボディの大きさとエンジンの大きさは比例する傾向にあります。このためクラスによって搭載されるものが決まってくる傾向にありますが、軽量化を進めることで小さい排気量でも大きなボディを載せることが可能です。
また排気量が必ずしもエンジンのパワーと直結するわけではなく、高性能なものや軽量化を進めたものなどその工夫によって排気量に対して出力できるパワーが変化してきます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿