コモンレールディーゼルのエンジン構造

コモンレールディーゼルは従来のディーゼルエンジンよりも格段に出力が高く、また、燃費も改善されています。従来のディーゼルエンジンとの一番の違いは燃料の噴出方式です。これまでは細かい出力調整ができず、空気と一定量の軽油と混ぜてシリンダーに入れるだけでした。しかし、コモンレール式ではシリンダー毎に適切な量の混合燃料を噴出することができます。顧問連ーる式の場合、燃料の噴出量も調整でき、回転数などを元にコンピュータが適切に設定することができます。ディーゼルエンジンで問題となることが多かった不完全燃焼についても完全解消に近づいており、ディーゼルエンジンの代名詞だった黒鉛とも無縁なエンジンとなりました。また、エンジンの燃焼効率も上がることで燃費の改善が進んでいます。燃料費がもともと安い軽油なので燃費改善と合わせて大変好評です。ディーゼルエンジンは排出ガスも問題となりますが、燃焼効率が高いため、不完全燃焼が少なく、有害なガスが少なくなるようです。また、効果的な触媒やマフラーも開発されたことで低公害車となっています。コモンレール式のディーゼルエンジンは今後、ハイブリッドも導入される方向と言われており、さらなる燃費改善に向かっています

コメントは受け付けていません。

最近の投稿