ドライブ前にできるこ居眠り防止法特集!

居眠り運転とは、断続的に居眠りを行いながらドライブを行うことです。
居眠りを行いながら運転を行うと、正常な集中力や判断力が衰えて事故を誘発しやすくなります。

居眠りを誘発する要因は、運転の疲れからくるものとその他の影響からくるものがあります。

運転の疲れからくるものとしては、運転者自身の体調の状態や、長時間運転を行う事で身体的な面や精神的な面による疲労などが原因で起こります。
これらの要因を除去するには、睡眠をとるなどして運転を行う前に体調を整えたり、一人で運転するのではなく適度に交代して、一定時間ごとに体を休める方法が有効です。
助手席にいる人と適度に会話を行うのも、眠気を除去するのに効果があります。

その他の影響としては、過労と飲酒や薬などの副作用や病気の影響などの要因があります。
運転中に眠くなる音楽などを聞いている場合も、居眠りを誘発しやすくなることがあります。

これらの要因による影響を避けるには、自分自身の体調や状況をよく把握して対策をとり、居眠りを誘発する要素を除去する必要があります。
特に病気による影響は、休憩や睡眠をとるだけでは改善されないので、専門の医師と相談して対処を行う必要があります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿