ドライブプランを工夫して刺激を得ることのススメ

自動車を運転すると、目的地まで快適に移動できるだけではなく、走行そのものを楽しむことができて、便利かつ快適な乗り物であることが分かります。しかし気をつけたいのは、その便利さをいかに維持するかです。シートに座って操作するだけで、あれだけの巨体が自由自在に動くのですから、複雑なシステムを内包しています。その個々のシステムを理解しなければ運転することはできない、ということはなく、決められた手順で操作すれば運転できることに魅力があります。

とはいえその決められた手順も、時に遵守できなくなることも意外に多いのです。極端な例ながら、向精神薬や睡眠薬の服用者は、その影響が運転時に出ると危険であるため薬の説明書きには、車の運転をはじめとする危険作業には携わらないように、と注意を促しています。つまり車の運転は「危険でありうる」のです。

このような薬とは無縁の人でも、長時間の運転においては疲労などからくる眠気を感じることがあります。これが居眠り運転事故の原因になります。したがって健康であることは当然としても、気力が充実している時以外の運転は避けるべきなのです。そのため長時間の運転では、前日までの十分な睡眠だけではなく、途中で運転を休み、リフレッシュする必要があります。ガム・飲み物・飴なども有効ですので利用しましょう。そして疲れていないから大丈夫、ではなくてあらかじめのドライブプランによってどこでどれだけ休憩を取るか、もきちんと決めておくことです。運転技能がいかに優れていても、疲労によりその技能が半減してしまうこともあるのです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿