FF(フロントエンジン・フロントドライブ)の特性

車の構造の種類はFF,FR,RRと別れております。Fはフロントの意味で次のFはフロントドライヴの意味でエンジンがフロントに乗っており、前輪を動力で回すことです。RRはリアーエンジン、リアードライブの意味になりFRはフロントエンジン、リアードライブとなります。まず特性で重要な点はエンジン重量の及ぼす影響です。前方に重いエンジンが載っていればモーメントの問題で前方は曲りずらくなりますし、後方に載っていればコーナー中に後方が外に振られてしまいます。FRはリアードライブでコーナーは動力のかけ具合が影響します。アクセルワークによるコーナーをスムーズに曲がることができます。FFは曲がらないとよく言われますが、コーナーで外に押し出されるような感じになります。コーナー途中から無理にアクセルを踏み込みますと最初は外に押し出される力が強く反応はそれほどしませんが、しだいにコーナー後半から外に押し出される力が弱まってきますので急激にハンドルを切っている方向に動力が伝わり始め車体が振られることもあります。発信、坂道は駆動輪である前輪に加重がかかっておりますので動力を前方向に伝えることにすぐれており車体がふらふらすることもありません。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿