FR(フロントエンジン・リアドライブ)の特性

FRは、車体前部にエンジンを搭載し、プロペラシャフトを通じて伝えた動力で後輪を駆動する方式の自動車です。自動車の駆動方式の基本形で、構造が単純です。
FR車の主な特徴として先ず、前後の重量配分に優れていることが挙げられます。これは主要な重量物が分散しているからです。
これによって、ドライバーの操作に対して素直な挙動を示すので、ドライバーの意のままに自由自在に走らせることがしやすくなります。比較的簡単にオーバーステアをコントロールして車をスライドさせることができるので、ドリフトもさせやすいのです。
前輪を駆動しないFR車は、前輪をより大きく傾けることができるので、FFや4WDよりも小回りが利きます。
そして前輪・後輪で役割分担がされている(操舵輪と駆動輪が別々なので)タイヤにかかる負担も分散でき、高い馬力にも対応できます。
これらのメリットから、FRはスポーツ車などで多く採用されているます。
一方デメリットとして、プロペラシャフトを通す必要から室内が制約され狭くなること、プロペラシャフトの分部品点数が多くなるので重量が重くなり、値段も高くなること、駆動輪(後輪)の荷重が足りないため、雨や雪、オフロードといった悪路に弱いことなどが挙げられます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿