観光ポイントの優先順位について

夏休み、車を運転して旅行や遊びに行く方も多いと思います。安全に楽しいドライブをするには、計画的に進めるのが大切です。
まず考えなくてはいけないのは、一日の走行距離の目安です。一日の走行距離の限度は、高速道路だと500キロ、一般道だと250キロと言われています。ただ移動するだけではなく観光が目的なら、その分の時間も差し引く必要があるので、高速で300キロ、一般道で150キロくらいが限度になるでしょう。そのことを頭に入れて計画しましょう。
せっかく出かけてもちゃんとプランを立てていかないと、行きたい所にたどり着かなかったり時間が足りなくなったりして、残念なお出かけになってしまうかもしれません。それを防ぐために、観光ポイントに優先順位をつけておくのは大切です。まず目的をはっきりさせて、絶対に行きたいポイントを前もって選んで、優先順位をつけておきます。最優先のポイントを中心にしてプランを練り、第2、第3のポイントもチェックしてコースを考えます。そのようにしておくと、渋滞などで時間がなさそうなら最優先のポイントだけに行き、時間があれば第2,第3のポイントも巡るというふうに調整できます。うろうろして結局行きたい所に行けなかった、ではせっかくの楽しいはずの旅が台無しですから、きちんとプランを決めて、行きたい所を確実に抑えられるようにしておきましょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿