駆動方式の違いで何が変わるのか

自動車にはいくつかの駆動方式があり、それぞれが特有のメリットをもっているため、車種によって使い分けをされていることが多いといえます。たとえば、FF方式とよばれる駆動方式は、普通車ではごく一般的に用いられているものですが、エンジンの位置がフロント側、要するに前にあって、駆動輪もフロント側となっています。Fはフロントの略で、エンジン、駆動輪とも前なのでFFとよばれているのです。このような駆動方式の場合、他の方式とは違ってよけいな部品がいらないので自動車が安くつくれるということと、駆動輪の近くにエンジンのような重量物があるので運転するときにスピンしにくいといったことがあります。また、FR方式というのは、エンジンはフロント側にあり、駆動輪はRの略語が示すようにリア側、すなわち後ろにあるという方式です。この場合、プロペラシャフトとよばれる部品によって、エンジンの動力を駆動輪に伝えているため、少なくとも部品代の分は価格的には高くなりますので、高級車に用いられることが多いといえます。前後で駆動と舵取りという役割分担ができているため、馬力をだすことができ、高速走行などもしやすいといった特徴がみられます。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿