車の基本!種類と特性

自動車は、遠くまで行ける便利な乗り物で運転するには免許がいります。免許を取得するには、自動車教習で学び免許証取得センターで試験に合格する必要があります。そして、自動車の購入を行うには、新車メーカーか中古車販売店が基本になります。日本車は、車種も豊富であり性能、外見、内装は、世界でもトップクラスと言われます。

メーカーでは、トヨタが有名であり、日産、ホンダ、スズキ、三菱などが日本車の90%を占めます。また、車種によって排気量、駆動方式、燃料、価格、燃費が違うのも魅力の一つです。例えば、軽自動車は660CC以下の車になり、小さめのボディーが標準です。駆動方式はFF車になり、前にエンジンがありフロントタイヤのみで駆動と舵取りを行っています。

FF車は、日本車に多く見られ基本の駆動方式と言えます。そして、日本車は、2000CCから3000CC以上の高級車が性能が優れているとされます。トヨタのクラウンでは、排気量3000CCが主流になりFR車という駆動方式で走ります。高い馬力や安定感を感じ、フロントタイヤとリアタイヤがバランスよく役割分担して効率的です。長時間乗っても疲れにくいため、落ち着いた乗り心地が軽自動車との違いになります。ウェディング01

コメントは受け付けていません。

最近の投稿