おすすめは双方向!エンジンがかかったことを知らせるシステムとは?

離れた場所からリモコンでクルマのエンジンをスタートさせることができるエンジンスターターは、大変便利なグッズとして人気がありますが、エンジンスターターには、双方向タイプと呼ばれるものと単方向タイプと呼ばれるものと2種類あります。双方向タイプというのは、クルマのエンジンがちゃんとかかったことをリモコンに知らせるアンサーバック機能が付いているエンジンスターターのことで、単方向タイプはアンサーバック機能が付いていないエンジンスターターのことを言います。

クルマまでの距離が遠かったり、障害物が多いような場所だと、リモコンの電波が届いているのだろうか心配なこともあるかもしれません。しかし、アンサーバック機能が付いていれば、エンジンが始動したかどうかが確実にわかります。また、エンジンの始動が確認できるだけでなく、エンジンが切れたかどうかもわかります。ターボエンジン搭載車などは、エンジンをすぐに切るのではなく、しばらくアイドリングを行いエンジンを冷やす必要があるため、このアンサーバック機能が付いていれば、自宅に戻った後でエンジンが切れたことを確認することができて安心です。また、最近では、エンジンのオン、オフだけでなく、車内の温度やバッテリー電圧なども知ることができるものもあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿