プロペラシャフトに問題があった?車を大切にするために

プロペラシャフトとは、FR車や4WD車に用いられる回転軸のことで、車体の中央に縦についています。
自動車を走らせていて、速度が低いときには何ともないのに、速度が上がるにつれて、こもったようなボーという音やワーンという音、振動などが起こる場合は、このシャフトの調子が悪くなっている可能性があります。
原因としては、まず、シャプトがアンバランスになってしまったことが考えられます。このことで高速で回転するシャフトが細かい振動を起こし、そこから異音を発するようになるのです。付いているはずのバランスシャフトが剥がれてしまっていることなどが考えられます。
また、ユニバーサルジョイントの不備も考えられます。ユニバーサルジョイントは、簡単に言えば、角度を変えて回転する動力を伝えるためのリンク機構で、シャプトに付いているものなのですが、元々振動が出ないよう1回転ごとに振動を打ち消すような機能を持っています。この機構にガタや損傷などがあると、振動を打ち消す機能が失われてしまうので、異音が発生する原因にもなります。
またこれは人為的なミスですが、組み付け不良ということも考えられます。シャフトやユニバーサルジョイントは、実は向きが逆でも付けることが出来てしまうものもありますので、もし、シャフトを外す作業をした後に不具合が出たという場合は、これが原因ということもあります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿