知ってる人は知ってる!エンジンスターターの役割とは

自宅や職場など一定の近距離から遠隔でエンジンをかけることができるエンジンスターター。

エンジンスターターは手のひらサイズの小さなリモコンを用いて、室内など建物の中など車と離れた場所からボタンひとつでエンジンをかけたり、切ったりできるツールです。
主に冬場の冷え切った車内を暖めるために利用する方が多いようです。
車を使用後エンジンを切る前に、エアコンの設定温度や風量を調整しておくと次に車を使用する際に早く車内を暖めることができ、寒い車内や冷え切ったハンドルをにぎる不快感からも解放されることができます。

夏場は逆に設定温度を下げて車内を冷やしておくことができます。

このようにエンジンスターターの役割は車内の温度を快適にする目的にだけ使用している方が多いようですが、車にかかる負担を軽減させるためにも役立ちます。
エンジンはある程度あたためてから車を発進させた方が車に負担がかりにくいとされているため、冬場だけでなく年中を通して使用しても良いでしょう。

エンジンスターターはカー用品店などで購入できます。価格は2万円~3万円台が平均なようですが、本体価格の他に車体への工事も必要となるため、この工賃が別途必要になります。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿