走行距離の目安とは

車で出かけるときには、あまり長い距離、長い時間の運転を一人に任せるのは避けた方がいいでしょう。やはり、どんなに運転が上手な人でも、運転は心身に負担をかけるものです。配慮するようにしましょう。
通常、ドライブをする時には2時間くらいしたら、一度休憩をとるようにしましょう。運転をするには集中力が必要になります。これが持続するのがたいてい2時間程度といわれるのです。狭く、険しい運転が難しい道であっても、平坦な高速道路であっても、それぞれ体の疲れはあるのです。ですから、2時間程度、それで行ける距離という感じになります。走行距離の目安としては、高速道路では200km程度、一般道でも100km程度で、間にトイレ休憩や飲み物や食べ物、眠気覚ましにはガムやコーヒーを飲むようにするといいでしょう。
そのためにも、一般道では道の駅があったり、高速道路ではサービスエリアがあったりするのです。最近では、新東名なども話題になり、そのサービスエリアではグルメやショッピングなどでも楽しむことができるような工夫がされています。このようなところで、少し気分転換をするのも大切です。
また、ほかに同乗者で運転をすることが出来る人がいたら、交代をしていくといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿