天然ガス自動車と環境の関わり方

自動車の排気ガスによる環境破壊問題がクローズアップされている現代ですが、最近では天然ガス自動車の環境の関わり方が注目されています。
構造的にはガソリン車と変わりなく、燃料供給の安全性も高い評価を得ているところです。
万一の衝突事故や、事故による火災時に備えた装備もあり、ガス容器、配管などは衝突に十分耐えられる強度を持ち、配置も破損しにくいようにしています。
天然ガスの排ガスは、ガソリン車の排ガスに比べ、二酸化炭素や窒素化合物などの有害物質を大幅にカットできます。硫黄酸化物などは発生しないため、大気汚染の影響や、喘息や気管支炎など、健康被害への改善の期待も持たれます。
天然ガスの排ガスはクリーンであり、代替エネルギーとしても安定しているため、自動車の普及は環境を守るうえで不可欠な存在となりつつあります。
軽自動車から普通自動車はもちろん、トラックやバスなどの大型自動車や、業務用車など、幅広い用途で実用化されており、ガススタンドの普及も急がれています。軽自動車でも、ガスを満タンにすると約200㎞の走行が可能です。
ガソリンや軽油などの多くは石油に依存しており、エネルギーとしての安定は近年難しくなっています。石油代替エネルギーとしても高く評価されています。

 

コメントは受け付けていません。

最近の投稿