トランスミッションの理解に欠かせない変速機の知識

トランスミッションは動力伝達装置の一つで、エンジンで発生した動力を車の走行状態に合わせて任意または自動で適切なトルクと回転数に変化させる装置です。
任意の場合、マニュアル(MT)で自動が現在主流になっているオートマチック(AT)です。

マニュアルの場合は次のような構造になっています。
クラッチを介してエンジンの動力を受け取るメインシャフト、カウンタシャフト、各シャフトのギア、任意のギアを選択するシフトフォーク、変速するときに回転数が違うギアを同期させるシンクロメッシュ機構、後退させるためのリバースアイドルギアです。

車の走行状態によって適切なトルクと回転数に変化させる装置ですが、これはメインシャフトとカウンタシャフトに設置せれているギアの組み合わせを変えることで変速比を変化させて、適切な動力伝達を行っています。
マニュアルの場合、変速するときには必ずクラッチペダルと踏み込んで、エンジンの動力がメインシャフトに伝わらなくさせて、マニュアル内部の各部品は惰性で回転します。

この状態のまま、スリーブをスライドさせてシンクロナイザリングが、惰性で回転しているギアに接触することで率直に外部からの力の影響を受けてスリーブと同じ回転になります。
そして、同じ回転になったスリーブが同じ回転になったギアに連結することで変速が行われます。
近年は、同じ回転するのをスムーズにするためにシンクロナイザ機構を複数使用しています。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿