タービンの焼きつきや傷がつくのを防ぐ方法とは

以前はスポーツカータイプの自動車などでターボチャージャーが搭載されている自動車があり、高出力を得ることが出来るとして採用されていました。現在でも燃料を効率よく使用することが可能であるため、そういった面からも見直されておりターボ搭載のエコカーも増えています。

ターボチャージャーの仕組みは、排気ガスを羽のついたタービンの回転によりエンジンの吸気側に空気を圧縮して送り込むことが出来る仕組みとなっています。実際にはタービンを高速回転させるため、その分タービン自体に高熱が生じやすく、もし急に停止させたりすると焼きつきを起こしたりして、羽に傷が付いたりすることも多いです。

また円滑にタービンを回転させる上では、エンジンオイルと共用して使用すると高熱によってオイルの劣化や不足などが生じ、しかもオイル不足より焼きつきや傷を生じさせることもあります。なおタービンに傷が付いたり、焼きつきを起こしたりするとターボの機能を十分に果たすことが出来なくなってしまいます。

そこで焼きつきを防ぐ方法としては、ターボタイマーを用いることで実現可能です。エンジンを急に止めるのではなく、ある一定の時間が稼動させ、徐々に温度を下げてターボの熱を冷ますことで対応が可能となります。

a

コメントは受け付けていません。

最近の投稿