実は知らなかった!ターボタイマーの役割とは

ターボタイマーとは、ターボ車に取り付いているタイマーのことで1分程度のアイドリング時間を置いてエンジンを切るタイマーです。ターボは排気ガスを利用して大体、タービンを1万回以上の高速回転させることで圧縮した空気をエンジンに送り込んで、熱効率を上昇させる仕組みとなっています。

これにより燃費を良くしたり排気量以上の出力を得ることが出来たり、排気ガスの有害な成分を減少させることも可能となります。ただタービンを1万回以上高速回転させることで高温状態となっており、それを急激に冷やすとそれが負担となって金属疲労を起こし、ターボの故障が起こる可能性があります。

そのため、エンジンを切る前に1分程度エンジンをアイドリング状態にして、徐々に温度を下げてエンジンを切るのが負担がかからない状態となるので故障しにくくなります。このようにターボタイマーにはエンジンを切る前にアイドリング状態にして切るので故障を防ぐ働きがあります。

実際にはどんな自動車でもエンジンを切る前は、少しアイドリングしてからエンジンを切る事を奨励しています。自動車の説明書などにも記載されているほどですが、ターボタイマーを使えば自動的にエンジンを切ってくれるので手動で行なうよりも簡単に済みます。

そのため、ターボ車を乗っていて直ぐに切る癖がある人やターボ車であることを知らない人がよく運転するケースではターボタイマー付けて置く事が望ましいです。

コメントは受け付けていません。

最近の投稿